「誰でもいいから買って」では売れない?『ターゲット』を絞るべき理由

「誰でもいいから買って」では売れない?ターゲットを絞るべき理由 チラシ集客

あなたのお店では「誰に」売るかを決めていますか?

「誰に」売るのかを決めておかないと集客はできません。
なぜかというと、全員を相手にした商品は売れないからです。

どうして全員を相手にすると売れないのか?

本記事では売る対象(ターゲット)を決めるべき理由を解説します。

お客様を絞らないといけない理由

例えば、あなたが空腹だったとします。

おなかすいたなぁ。
よし、弁当でも買うかな。

スマホで近隣を調べてみたら弁当屋が3軒ありました。
店名がそれぞれ「A」「B」「C」の3軒です。

3軒とも、幅広くメニューを揃えています。
でも、特別に訴えているものはありません。

さて、どの弁当屋で買いますか?

「どの弁当屋で買いますか?」と言われても…。

選びようがないですよね?
だって、判断材料がないですから。

誰でもいいだとまずい

ターゲットを絞っていないお店というのは、この状況と似ています。

「弁当屋です!誰でもいいから来てください!」という状況。

老若男女だれでもOK。
そうなると特徴が出しづらい。
だから、お客様からは選ばれづらい。

では、ターゲットを絞るとどうなるのか?

ターゲットを絞った場合

仮に、先ほどの3軒の弁当屋。
下記のようにお客様を絞った弁当でアピールしていたらどうでしょうか。

  • A弁当屋…痩せたい人向けに糖質制限に力を入れた弁当
  • B弁当屋…シニア向けに固さと栄養バランスを考慮した弁当
  • C弁当屋…がっつり食べたい人向けにボリュームたっぷりの弁当

このように誰に対して売っているか。
もしも自分にぴったりのお店が合ったら、そこを選ぶのではないでしょうか?

ターゲットを絞る効果と言うのは、まさにそれです。

自分にぴったりのお店。
対象を絞ることで、お客様はあなたのお店を選んでくれます。

競合が多くなるほど、これは顕著になります。
ちなみに競合とは、弁当屋の場合、コンビニやスーパーなども含みます。

心理面でもメリットがある

ターゲットを絞ると、他にも有利な面があります。

人間は具体的に呼ばれるほど、振り向く心理があるのです。

例えば、通りを歩いている大勢の人に、次の声をかけたとします。

女性のみなさーん!

でも、これだと、お客様が絞りきれていません。
ですので、歩いている女性は、声には気が付いても振り向くほどでありません。

ところが、次の声をかけたらどうでしょうか。

愛知県から来た30代の女性の方~!

該当した女性は「え!? 私のこと?」と振り向きますよね?

このように、具体的にあてはまると、人は自分ごととしてとらえます。
ですので、ターゲットはなおさら絞るべきです。

ちなみに、この心理を「カクテルバーティ効果」と言います。

ターゲットを絞った後はどうするか

本記事ではターゲットを絞る必要性について説明しました。

つまり、「誰に」売るかを決めたわけです。
次は「何を」売るかを決める必要があります。

「何を」売るかについては、別記事で解説しています。

タイトルとURLをコピーしました